怒り。

365日のうち、360日くらいは怒ってる自分。

にぴったりくるタイトル。

っていうか、怒の文字は松ちゃんの「ゆるせない話」とかのセットにあるやつっぽい(笑)

松山ケンイチのキャラは薄いよな、と。

彼が自分について語ってるのは、

愛子(だっけ?頭の弱そうな喋り方をする宮崎あおい)からの間接的な話からしか分からないし。

2人がじっくり2人でいるところの描写も少ないし。

始めの殺人描写も弱いよな、と。

まあ殺してるドタバタが写されてないしね・・・。

でも動機は分からんでもない。

動機も他人の口からで、本人は明かしていないから不明だけども、

この動機は分からんでもないって思う人、日本中にいると思う。

でもその人らが全員殺人犯すわけじゃないしね。

とにかくありとあらゆる日本犯罪史のエピソード詰め込みすぎ。

惨殺した後に犯人が家に居座り何か食べたりする世田谷一家殺人事件や、

市橋容疑者っぽいモンタージュ、自己整形、島暮らし、大阪での土木作業、

そして彼がハッテン場の陰でうつむいて小鹿みたいに縮こまってた話は、実際に市橋を抱いた男が話した内容に酷似している。

米兵のレイプ、基地反対デモ、もう何でもかんでも。

田中っぽいの、いるよなあ〜。

自分が山で働いてた時もああいうの居たし。

いきなりキレていろいろ破壊されても、ポカーンとするしかないよな。

この話の流れが、愛してる人を疑う、信じきれない、

信じてた人に裏切られる、信じてた人を疑って後悔する、

みたいな感じだったけど、田中も言ってたけど、なんでそんな信用するかね??

自分は、自分のことも信用ならないから、誰のことも信用してないけど。すぐに疑うし。

それの何が悪いんだろ。

みんなあんな泣くほどに??

まあ一番可哀そうなのはすずちゃんだけどね・・・。

あと久々に「スカイ・クロラ」を見返した。

公開当時、劇場はしごして何本か映画見てて、

その中の一本でひたすらに眠気と戦ってた記憶がある。

押井監督の作品は初見が退屈で、

何度か見返すうちにいろいろ分かってきて面白くなったりする。

「スカイ・クロラ」も今は好き。

原作、全巻読もうかなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

2017.06.25 Sunday | cinema | - | -
怒り。

365日のうち、360日くらいは怒ってる自分。

にぴったりくるタイトル。

っていうか、怒の文字は松ちゃんの「ゆるせない話」とかのセットにあるやつっぽい(笑)

松山ケンイチのキャラは薄いよな、と。

彼が自分について語ってるのは、

愛子(だっけ?頭の弱そうな喋り方をする宮崎あおい)からの間接的な話からしか分からないし。

2人がじっくり2人でいるところの描写も少ないし。

始めの殺人描写も弱いよな、と。

まあ殺してるドタバタが写されてないしね・・・。

でも動機は分からんでもない。

動機も他人の口からで、本人は明かしていないから不明だけども、

この動機は分からんでもないって思う人、日本中にいると思う。

でもその人らが全員殺人犯すわけじゃないしね。

とにかくありとあらゆる日本犯罪史のエピソード詰め込みすぎ。

惨殺した後に犯人が家に居座り何か食べたりする世田谷一家殺人事件や、

市橋容疑者っぽいモンタージュ、自己整形、島暮らし、大阪での土木作業、

そして彼がハッテン場の陰でうつむいて小鹿みたいに縮こまってた話は、実際に市橋を抱いた男が話した内容に酷似している。

米兵のレイプ、基地反対デモ、もう何でもかんでも。

田中っぽいの、いるよなあ〜。

自分が山で働いてた時もああいうの居たし。

いきなりキレていろいろ破壊されても、ポカーンとするしかないよな。

この話の流れが、愛してる人を疑う、信じきれない、

信じてた人に裏切られる、信じてた人を疑って後悔する、

みたいな感じだったけど、田中も言ってたけど、なんでそんな信用するかね??

自分は、自分のことも信用ならないから、誰のことも信用してないけど。すぐに疑うし。

それの何が悪いんだろ。

みんなあんな泣くほどに??

まあ一番可哀そうなのはすずちゃんだけどね・・・。

あと久々に「スカイ・クロラ」を見返した。

公開当時、劇場はしごして何本か映画見てて、

その中の一本でひたすらに眠気と戦ってた記憶がある。

押井監督の作品は初見が退屈で、

何度か見返すうちにいろいろ分かってきて面白くなったりする。

「スカイ・クロラ」も今は好き。

原作、全巻読もうかなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

2017.06.25 Sunday | cinema | - | -
キャンピングガス(Campingaz)のコンロ☆

登山やキャンプで料理する時に使うコンロのイメージってコレ。


実際、自分も使ってた。

これで作る袋麺やみそ汁ってなぜか美味い。

コッヘルをスプーンがかする、カシャーカシャーいう音とかさ♪

でも今年また行くキャンプ場は極度に乾燥しており、

松の木がわんさか生えてて松葉だらけ。

前回これ使って引火しそうになって、

ちょっとヒヤッとした経験があるので、

もうちょっと安定のいいやつを使いたい。

義父がガソリン使う2口コンロを持ってるから、

それと併用しながらの自分用に。

探し当てたのがこれ。


 

同じくキャンピングガスだが、何よりカートリッジの取り付けが簡単だし、安定よい。


 

写真ではカートリッジが出てるけど、

ちゃんと中に押し込んで下の蓋が閉まるようになっている。

見た目もコンパクト、

調べたら、日本からこのブランド撤退したみたいね・・・。

フランスのブランドなんだけど、

カートリッジといえば、このブルー缶のイメージ。

このコンロ売れそうだけどなあ。

まあ日本は卓上コンロがたくさんいいのあるしね。

とりあえず、50ユーロくらいなので買った。

朝のコーヒーとかさくっと飲みたいし。

(ガソリンコンロはまず空気入れるのからせなあかんので)

テントはこれ。コールマン5人用。


 

自分ひとりでも建てれそう。

(フジロックの時とか女2人でテント建ててたしね)

こちらは日本未発売かと。

モデルが少し古いので安かった。

防水も3000mmなので大丈夫かな。

一応テントの下に敷くシートも買ったけど。

サーフボード運ぶルーフキャリアも購入。

この間のカナリアでベルトだけでボード積んでヒヤヒヤしたので、

FCSのクッション付きのをば。

たぶんFCSジャパンの独自展開してるやつ。

日本は便利グッズ開発がほんと上手。

車で簡易シャワーとか、サーフトリップ快適グッズ、日本ならたくさんある。

とりあえずキャンプ用品とか見るのほんま楽しい☆

アウトドアショップ行くのも楽しいし。

アルプスとかも行きたいな。

 

 

 

 

2017.06.14 Wednesday | trip | - | -
4年ぶりに。

夏は一カ月、フランスでサーフキャンプ。

ポイントはボルドー近郊。

南下するとホセゴーやビアリッツがある。

前回は2013年7月〜8月の一ヵ月半。

サーフシーズンは秋からだし、

基本オンショアで荒れる日もあったから

今年もあまり波には期待できないかもだけど、

早朝、夕方は結構グラッシーな波でサーフィンできた記憶が。

前回は飛行機でボルドー空港まで行ったけど、今回は陸路。

フランクフルト周りでフランスに入るルートか、

ベルギー突っ切って、パリのど真ん中通って行くルートか。

どっちも13時間半くらい。

で、旦那の家族は毎度パリを通って行くらしく、そっちのルートで行くことに。

もう気分あがってサーフワックスも買い込んだ!

(すぐワックスアップしたいからな・・・。

ショップに買いに行ってる時間惜しい)

キャンプする場所はこじんまりした村で、

サーフショップも何軒かあるのみ。

八百屋と美味しいパン屋と、小さなスーパーと。

隣はラカノーで開けたサーフタウンなので、

ここまで自転車で行く。

サーフショップも多いし、大きなスーパーもある。

サーフコンペもよくやってる。

今は走ってるから、実際この街まで走って行くことも不可能ではない。

まあまだ90分走はキツいんだけど・・・。

段階踏んで距離を伸ばしたいが、なかなか距離が伸びない!

一時間経つと途中で飽きるのと、バテるのと。

11月にハーフマラソン、同月後半に障害物レースに参加する予定。

それまでに自信つけときたいわ。

 

 

 

 

 

2017.06.06 Tuesday | surfing | - | -
村上春樹は同じ井戸に降り続けているのか。

「騎士団長殺し」1巻はまだ面白かったのだけど、

2巻目から急に読むスピード落ちた。

つうかさ、もうさ、初めて読む人以外はさ、

この春樹節に飽き飽きしてるんじゃないかなあ。

1ページに一か所は「まるで」って言葉がある。

まるで自分が綴った言葉を「まるで○○のように」という比喩を用いることにより、さらに意味深けに見せかけるかのように。

しかしそこに意味はないし、

あまりにもしつこくて、げんなりし、果てはどうでもよくなってくる。

「まるで」の使用が、それが小説自体の価値を「損なって」いるようにすら感じる。

またこの主人公かよ。

受動的で、いつもいつも「そうしたくはなかった、でもそうするしかなかった」という流されるままの主人公。

妻に去られてばかりの主人公。

女に精液を吸い取られてばかりの主人公。

それも本人の意志ではない。

今回珍しくサンドイッチとビールばかりではなく、

握り飯と緑茶を飲んでいるシーンがあったけどね。

また不思議少女かよ。

「ダンス・ダンス・ダンス」「1Q84」に出てきたような霊感少女。

あけすけに自分の胸の大きさなんかについて大人の男に尋ねる少女。

さらさら髪のファッションおんちの不思議ちゃん。

今回の免色さんは何となく坂本龍一のイメージで読んだんだけど、

これもまた五反田君と主人公の友情に似ているし(その友情は「ロンググッドバイ」でもある)、

今回のこれって「グレートギャツビー」だよね?????

ここまで明らかにギャツビーのエピソードをなぞってええんかいね??

ギャツビーは元恋人の家を見守るために湾の向かいに家を買い、

免色は自分の娘かもしれない子を見守るために谷の向かいに家を買う。

主人公が目的の人物と近しいと知ると計画的に近付き、

しかし面会の場面を作られると急にクールだった佇まいを崩しおろおろする。

ギャツビーまんまやんけ。

そして暴かれる穴。

「ねじまき鳥」の時と同じような井戸の象徴。

リトルピープル大の騎士団長。

大切な人を救うための穴抜け。

説明のつかない受胎。

白いフォレスターの男は、「ねじまき鳥」の時の札幌のバーにいた男と同じ。

春樹は自分でも過去作品を読み返さないと言ってるし、覚えていないらしいけど、

結局それが原因で、何度も何度も同じようなことばっかり書いちゃうんじゃないの??

書く時は深いところに潜って書くというけど、

結局無意識に同じところばかり潜るから、同じものばかり掘り当てるんじゃないの?

ファンは何度も作品を読み返して、古い作品も今でも読んだりするから、

さも新しいことのように春樹が発掘したもの差し出されても(本人は過去出ししたこと記憶にない)、「や、もうそれ知ってるから」ってなるだけ。

同じ場所掘っても、埋ってるものは既出のものばかり。

それに気付いてほしいんだけど。

川上美映子との対談も読んでみるけどさ。

なんかもうここまで毎回同じパターンだとさ・・・。

でも本人からしたら、「書こう」と思ってるわけじゃなくて

自分でもなんで主人公や他の人物がこんなことするのか解からないってことになるんだろうけど(その感覚はわかる。作品中の人物が作者から離れて勝手に行動しだすのは)、結局ソースが同じだから、彼らも同じことしかしないんだろうね・・・。

やっぱり短編やエッセイの方が断然面白いよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.10 Wednesday | life | - | -
12345>|next>>

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--