乾いた大地を、渇きながら歩いてるのを見るのはツライ。


「Wild/私に会うまでの1600キロ」

「Tracks/奇跡の2000マイル」鑑賞。

どちらも実話。

トレイル的にはPCT の方が魅力的。

砂漠あり、谷あり、湖あり、山脈あり、雪あり。

-

オーストラリアはひたすらカラッカラだからね。

(「美しき冒険旅行」もそうだったけど)

歩いた距離は、オーストラリアの女性の方が長い。

中央のアリススプリングスから西海岸の海までで2000マイル、

ってオーストラリアどんなけデカいん。

まあラクダに荷物持たせてるけど。

つかラクダ乗ったらええのに。

-

「Wild」の方は、かつてはロマコメ女王だったリース・ウィザスプーンが体当たりで頑張っております。

顎出過ぎで、好きな顔じゃないんだけど。

肉親に親愛の情が無いので、彼女が母親を失ってからここまで荒れるって心境が全く理解できないのであるが、まあそっから典型的な「自分探し」に出るわけで。

つか、出発前にとりあえず買った物パッケージから出しとこ?

説明書読んどこ? テント張る練習しとこ?

靴も履きならしておこ?

まあ人生設計出来ないタイプなので、自分探しにでちゃうわけで、

そういう準備も苦手なんでしょう。

カラッカラに乾いた土地を、水なしで歩いてるの見るのは餓えてるの見るよりツライ。

はよ水ー、ってなるよな。雨降ってーー。

-

最近の話なので、原作者もまだ若く、

特典映像で色々喋ってたし、映画の中にも出ている。

娘は、主人公の幼少時代演じてるし。

他の家族もゴールの橋の手前で横切る車に乗っている。

オレゴンいいよなー。

なんで兄貴が住んでる間に訪れなかったんだろ自分。

「Tracks」はミア・ワシコウスカが頑張っております。

ロシアなのかなーて思ってたけど、オージーなのねん。

こっちも好きな顔ではない。

てか2人共髪の毛くくれよー、そんな汚くなるならさ。

髪の毛くくって団子にしとけば楽やん。

帽子かぶれよ。首元陽射しから守るタオル巻けよ。

って思うけど、そこは演出上顔が見えないといけないからだろう。

最後の海はほんとにキレイ。

あー潜りたいー。

どっちもゴールでの本人の心境語らずに終わるよね。

まあ、それでも人生は続くと。

 


「Into the Wild」や「冬の旅」では本人息絶えるから、

それに比べたらやり遂げて人生続ける方が、

よっぽど気力も体力も勇気もいる話。

あ、あと死にかけのキツネが近くまでくる描写があったけど、こっちではキツネは死にかけの時に人間に近寄ってきて病気をうつす、

的な迷信のような話があるらしく(義父説)、

それに関連しているのかな??と思った。

義父はカヌーでキャンプ中、テント周りにキツネが来て、

追い払っても近づいてくるからまじでビビっていた。

2016.09.22 Thursday | cinema | - | -
スポンサーサイト
2017.06.25 Sunday | - | - | -
<< カナリア諸島、フエルテベントゥーラ島に決定☆ | main | サーフトリップ in カナリア諸島。 >>
コメント
コメントする










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--