簡単には解決できないこと。


最近、こんなインスタレーションが流行りなのかな。



-

たまに違う街に行くと、そこの街がどんな感じかは駅周辺見るとなんとなくわかる。

もちろん駅の表と裏ではガラッと違うこともある。

自分が住んでる街も、駅の裏はヤバい。

移民と低所得者たちが多く住んでいて、酔っ払いやラリッた人間がうろうろしている。

このミュージアムがあったHerfordという街は、割ときれいでこざっぱりとしていて、北ドイツ建築の大邸宅が並んでいて、駅周りも清潔だった。

-

自分がドイツに来た2012年以降から、目に見えて移民難民が増えているのは確か。

治安が悪化しているのも確か。

最近東ドイツで右翼系デモが活発に行われているけど、それを頭ごなしに批難できないのも確か。

移民とドイツ人は融和しない。

それは大量にいるトルコ人を見れば確か。

彼らはドイツに住んではいるし鼠のように増えているけど(最近ドイツの出生率が上がったってニュースであったが、それドイツ人じゃなくて、ドイツ国籍の外国人だろって思う)、決してドイツ社会と混じろうとはしないし、ドイツ側もそう。

完全に棲み分けてる。

-

2年前だかの難民の大量流入、間違いだったと思う。

もちろんあの時はみんな同情的だったけど、自分が今まで平穏に静かに暮らしていた街に急に外国人がどやどや押し掛けてきたらどうよ??

今まで子どもを遊ばせていた公園に、自分が理解できない言語を話す民族がどやどや押し掛けて、我が物顔でのさばっていたらどう思うよ??

日本に置き換えて考えてみてよ。

自分が住んでる住宅街、ある日を境に日本人に会うことの方が難しい、って状況になるの想像してみてよ。

(実際、ボン辺りの街はイスラム系が街の主流で、ドイツ人は街で見かけないらしい)

閑静な街がうるさい外国語にまみれて、そこで住むのが不可能になり、みんな郊外に引っ越しせざるをえない状況を。

-

一応ドイツ語コースに通ったり、ドイツという国に対して学ばなければならない、ってのはある。

でもそこに通ってる人たちのモチベーション超低い。

タダで通わせてもらってるのに、感謝なんてしてないし、サボるし、授業崩壊させるし。

ドイツ人もドイツ人で、外国人排斥したら、底辺の仕事、自分たちがしなきゃいけなくなるから、それは困るんじゃないの??

外国人は自分たちの仕事を奪うって言うのよく聞くけど、日本もこの間帰ったら、コンビニやファーストフードの店員が外国人多くてびっくりした。そういうことだよな。そういうところから始まって行く。

-

日本は島国だから、山いっぱいあって住む場所も限られていて、

自然災害がめちゃくちゃ多い。

政府はまず自国民を守ること、災害対策をすること、お隣の国から自国を守ることを最優先にすべきであって、移民受け入れは積極的にするべきではないと思う。

と、ここ数年のドイツの変化を見ていて思う。

自分は子どもが二重国籍だから、日本も二重国籍認めてくれたら楽だよなーなんて思うけど、いやまて、それ認めたら、お隣の国からわんさか来るよね、今より自称日本人が増えるよね、って思うので、今のままでやはりいいんじゃないか、日本国籍所得には厳しめでいいんじゃないかと思ってる。

-

別に自分は差別してるわけでも、右寄りなわけでもなくて、現実問題を話してるだけ。

でもこんなこと、ドイツ人は公では話さないよね。

自分は移民の立場から移民批難を出来るけど、ドイツ人がそれしたらすぐ過去の歴史からの批難を浴びるからね。

そこは可哀そうだと思うよ。

でも右翼系デモがあると、すぐに左翼やいろんな団体がそれに反発するデモをする。

そこはすごいと思う。「我々は多様なのだ!」「ナチは排除だ!」みたいに。

でもさ、現実生活見てるとさ、彼らも決して移民と混じりあってワイワイやってるわけではない。さっきも書いたように棲み分けてる。

そこに居てもいいけど、問題起こすな、居てもいいけど、存在は無視、みたいな感じで。

自分も特にドイツ人と仲良くしたいわけじゃないし、どちらかというと嫌いだし(笑)、ムカつくこと多いから、閉じてるトルコ人社会に文句は言えないんだけどさ。

まあでも外国人同士で集まるとすぐドイツ人の悪口になるから、そういうのは止めた方がいいけどね・・・。

-

日本だっていろんな人間がいるから、一絡げに日本人称賛なんてしたくないんだけどさ、やっぱり災害起きても暴動起きないとか、みんなお互い支えあって思いあって社会を構成しているとことか(ブラック企業は省く)、好きなのよ。

お互い思い合いすぎるから、気を使って自分の首を絞めてるとこもあるけど。

なんかあっても「オワタ・・・」みたいな、こんなノリが好きなのよ。

人にされたら嫌なことは自分もしない、人の立場になって考える、マナーを守る、とかさ、基本だけど、そういう考え方万国共通じゃないからね。

-

なんかつらつらと書いたけど、こういう時サーファーっていいよなあって思うわけ。

サーファーのアイデンティティって、サーファーであることなわけ。

ナニ人とか、何をしてる人とか、何派、何宗とか、関係ないわけ。

自分、サーファーです。で終わり。以上。

それだけで、説明付くよね。

国とかさ、人種の前にサーファーなんだよね。

海入ったらみんな同じだしね。

-

この前哲学者がいっぱいいる会場にたまたま行ったんだけど、

哲学者にサーファーはいないかもしれないけど、サーファーの中に哲学者はたくさんいるよなあって思った。

でもたぶん波乗ってりゃ、難しい事も悩み事も全部吹っ飛ぶし、むしろ悟りに近い方にいってしまうわな。。。

-

関係ないけど、来週ハーフマラソン走る〜。

久々に20km走練習もした。

マラソンシーズンだけど、ドイツはすでに寒い。

ドイツは4月9月10月にレースが多い。ベルリンいつか走りたいなあ。

-

-

-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.26 Wednesday | life in Germany | - | -
スポンサーサイト
2018.10.21 Sunday | - | - | -
<< ブコウスキー再熱。 | main | ハーフマラソン完走。 >>
コメント
コメントする










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--