スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.05.04 Friday | - | - | -
君の名はヴィンセント。

今年の2月はマイナスながらも晴れの日が多く、

気分的に全然いつもの冬と違う。

住んでる所は緯度的に北海道より北だけど、

雪が降っても積もらないし、比較的暖かい。

(ドイツは南の方が寒いし雪も多い)

先月の話になるけど、2年遅れで「君の名は」を映画館で観てきた。

街の映画館、月末火曜日に何某かのアニメを上映するんよね。

もちろんドイツ語吹き替え・・・。

新海誠は苦手。

むかーし彼氏に「ほしのこえ」見せられて、

いやw、ストーリーの前にこの画力www。ってなって、

つか、ストーリーもさ・・・。ものすごい童貞感!って

感じだったけど、その後、仕事で「秒速5センチメートル」と

「雲の向こう、約束の場所」にも関わって。

まあ仕事だからやるけど。好きではなく。

今回もあんなに日本人が騒いでるんだから、

まあ見とくか、てなって数人のアニメ好きドイツ人達に混じって鑑賞。

ドイツ語吹き替えだけども、スマホの画面とかは日本語のままなので、

そこの面白さ分かってんの自分だけよなあ・・・って思ったり。

なんかいろんな映画をごっちゃ混ぜにしたような感じだったけど、

そのいろんな映画を知らない若い世代には新鮮で受けたんだろうね。

でも3年の時差があるにしろ、学校通ってる時点で気付くだろ!

日直とかテストとか色々あるんだからさ。おかしいだろ。

てかさ、山知ってる身としては、

山も近い出身の男性があんな雷鳴・黒雲見えてる山道で

見知らぬ旅人置き去りにしたりしないと思うんだよね(笑)。

低体温症で死ぬわ。川にもじゃぶじゃぶ入ってから。

あとさ、ひーひー走ってても、サツキちゃんのひーひーみたいに切迫感がないっ!

おまえ男に替わってる間に体力ついてんだろうがよ。

あとさ、絶対あのお釜あんな短時間で登れないわな。

お互いの姿が見えなくて、お互い同じ方向にぐるぐる周って走ってたら、会えないだろうな(笑)

泣いてる女子たちもいましたけど・・・。

自分はなんかもうこそばゆくて、結婚して子どももいて不倫騒動もあって、なのにまだこの童貞感すごいな!っていう。

老いても尚ロリを継続している駿も然り、やはりそこらへんクリエイターとしては枯渇してはいけないんやろね。

「Loving Vincent ゴッホ最期の手紙」

これはリンクレーターの「ウェイキングライフ」に続く、

実写にペイントしちゃった凄い映画でした。

まあ90分も動く油絵見てるとちょっと気持ち悪くなったけど。

油絵でもシアーシャローナンとジェロームフリン(ゲームオブスローンズのブロン)ははっきりとわかった。

動くタンギー爺さんが可愛い。

ゴッホといえば黒澤明の「夢」で”カラスのいる麦畑”が出てくるけど

アムスのゴッホ美術館で本物見た時、

ああ、あの映画のだって感動した。

 

 

 

 

2018.02.19 Monday | cinema | - | -
モロッコでサーフィン。

夏はまたフランスだから、秋休みとかに行けたらいいなあ・・・。

最高のポイントブレイク。Agadir。

メロウで安心な波。行きたいー。

フエルテヴェントゥーラ行く前に、ここも調べてて。

でもイスラムの国はちょっと、て思ってて。

でもイギリスの女友達のサーファーが、女子だけのサーフキャンプでここに行っていて大丈夫そうなんで、

ならば行ってみたい。


フランスもビアリッツは波いつ見ても良さげ。

そこまで南下すればいいんだろうけど、混んでるし高い。

それはそうと、先週ひとりでハーフマラソン22km 完走できたんで、ようやくフルも完走できるかもしれない、という希望が見えてきた。2時間11分くらい。

補給は一回。給水はなし。

右股関節、右脛、右足甲、右鎖骨が痛い。全部、右。

やっぱフォームが間違ってるんだろう、歪んでる。

30km 走練習も2回ある。

サブ5で完走できるかな。

ゴールは6時間で閉まっちゃうらしい。

日本のマラソンは各地でその土地の名物が出たり、

色々至れり尽くせりで羨ましいし、走ってて楽しそう。

こっちは淡白なもの。補給もフルーツ。

自分でなんか用意するつもり。

(補給食やアミノサプリも、日本の方が豊富。こっちはイマイチで、唯一信頼できるPowerbar まとめ買いしたわ・・・)

本番は4月なので、まだまだ先なんだけど。

マイナスの日は走るの辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.19 Friday | surfing | - | -
Mallorca 5日目

この日は帰る日。


前日。ヨーロッパ大陸は大荒れの天気で、

フライトもキャンセルになったりしていたので、心配だったけど、この日は予定通りの運航。

 

パルマ→バルセロナ→アムス→ハノーファーの長旅。

そもそもがさ、直行便で予約したんだもんな・・・。

直行便なら2時間ちょい。

それが無くなったもんだからこんな遠回りに・・・。

帰りもまた初の会社エアーヨーロッパ。

 


 

やっぱりひとり旅はいい。

出会いもあるし、ハプニングも過ぎればいい思い出になるし。

これでキャンセル分のフライト代がちゃんと返ってくれば言うことないけど。

 

 

 

 

2018.01.07 Sunday | trip | - | -
Mallorca 4日目

毎朝、朝焼けがきれいだった。


この日はドラック洞窟へ。

バスでパルマ市内に行き、洞窟行きのバスに乗り換え。

地下のバス発着場はきれいだし、電光表示板もあって見やすい。

 

ドラック洞窟までの道は、田舎の風景。

洞窟は前もってチケットをオンラインで買っておいた。



 

別に洞窟には興味がなかったんだけど、ツアーの後に地底湖でボートに乗った楽団の演奏を聴けるって読んだから、

一体どういうこっちゃねん、とこの目で確かめるべく。

演奏中は真っ暗で写真撮れない。


ドーム状になっている地下の広場で着席して待っていると、地底湖の奥からボートがやってきて、その上にピアノ、チェロ、バイオリン、ビオラがいて演奏してくれる。

目の前で止まって演奏するのかと思いきや、目の前を通り過ぎて行って、横の洞窟の奥の方で止まって演奏。

まさかそこでテープ流してるんじゃないだろうなw。

演奏自体も別にプロっていうほどでもないし・・・。

演奏が終わると、ボートに乗りたい人は乗らせてくれるw。


 

ツアー終わって急いで外に出たら、マナコール行きのバスがまだ出ていなくてラッキー。

マナコールまでバスで行き、そっから電車に乗ってパルマへ戻った。


 

パルマは路地がたくさんある。

メインストリートはブランド街だけど、一本中に入れば細い路地がたくさん。

ひたすら歩いた。







 


 

 

 

 

 

 

2018.01.07 Sunday | trip | - | -
Mallorca 3日目

この日は観光へ。

まずバスでパルマへ。

運転手が客のおばあちゃんとぺちゃくちゃ喋りながらのよそ見運転で怖い。

途中のバス停でたくさん客が乗ってきたんだけど、

どうやら先を走っていたバスが故障して止まり、その客がこっちのバスに乗ってきたらしい。

その中に大みそかに一緒にご飯を食べた子がいて、

こんな偶然もあるのか、と一緒にその日は観光することに。

 

ちなみにバス内は停車案内も表示もない。

時刻表も、全ての停車所が書いてあるわけではなく、主要な停車所に時刻があるのみ。

まあたぶんその辺りの時間にくるよってこと。

自分の乗り降りするバス停が表になければ、主要な停車所から何番目だから、まあこの時間で来るだろうなって予測するしかない。

運転手はバス停の名前を言ってくれるわけでもない。

バス停の名前が禿げて読めない所もある。

 

まずはパルマ大聖堂。



巨大さ、荘厳さ、神聖さが写真では全く伝わらないけど・・・。

ほんとにデカイ。ガウディが修復作業に関わったそう。

横のは宮殿。





とにかく凄かった。すさまじいというのか。

入場料は7ユーロ。

 

宮殿脇にあるミロのオブジェ。

浴場遺跡。



パルマ市内は通りから一本入ると、中は路地が迷路のように入り組んでいて、路地好きにはたまらない。

乗り降り自由の観光バスでベルベル城へ。

このバス、狭い住宅街を飛ばすし、街路樹が頭すれすれだったり、ヤシの葉が脇からバッシバシ座席にあたってきたり、

山道もスピード落とさないので(座席ベルトなしw、プラスチックの椅子だからケツ滑る)、ちょっとしたアトラクション。

低い電線に、観光ガイドのイヤホンがいっぱい引っかかってた。

みんなが投げたんだろうなw。


ベルベル城。




観光バスの運転手も、次がどのバス停かは言わないので(イヤホンでガイドを聞いてたら分かったのかもしれないけど)、案の定ミロに術館前で降りそびれ、ひと駅分歩いて戻る。

ミロ美術館は良かった。






ミュージアムショップにミロの「鳥の翼から落ちた一滴の露が蜘蛛の巣の陰に眠るロザリーの目を覚ます」の絵のかばんがあり、興奮して買っちゃった。好きな絵なんよね。

 

美術館のそばに、彼女が下調べしてきたスペイン人お薦めのレストランがあるらしく、これまたそれも偶然やな、と歩いて行ったところ、休業日!!

なのでパルマ市内に戻ってタパスとビールで乾杯。

美味しかった。

 



 

街はイルミネーション。

寒い国ならイルミネーションして温かみを求めるのはわかるんだけど、こんな暖かい場所でもするのね。

日中は気温18℃くらい。夜はちょっと寒い。

薄めのダウンがあればそれで十分。風が強いからニット帽があった方が◎。

 

大聖堂前のバス停から帰る。

ライトアップがいい。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.01.07 Sunday | trip | - | -
<<back|<123456>|next>>

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--