年末。

エレカシが紅白出場☆

いや、めでたい。

30周年だしね、みんなのうたも歌ったし。

NHK はエレカシに親切だしw。

裏切って「奴隷天国」なんて歌って

みんなをびっくりさせてほしいけど。

rock'n on から出てる「風に吹かれて」以降インタビュー集出て、久々に中国の急須の記事読んだ。

かわいいのう・・・。って、もう宮本50歳だけど。

日本から帰ってきて、

「あー、もうドイツやだやだ」って感じになってるけど、

こっちの方が確実にのんびりできてる。

日本はなんであんな忙しいのかしら??

しかも忙しいことがいいみたいな。

予定が詰まってる事がいいみたいな。

忙しくないことに罪悪感感じるとか。

なんか、おかしいわな。

特に忙しくもないけれども、

のんびりするために、

年末年始はマヨルカ島に行くことに。

勢いでチケット取ったわ。

またカナリア諸島でも良かったんだけど、

フライトが5時間で小さい国内線で5時間はキツイ。

マヨルカは2時間ちょっと。

近くにイビサ島がある。

真冬は風があるみたいだけど、

まあ海見れるだけで幸せ!!!

サーフィンはできないと思うけど。

(サーフィンしてる写真もあったが)

ホテルもイイ感じのところ安く取れたんだけど、

ペイパルの引き落としが2重になってて、

すぐにホテルから返金されたんだが、

その金を銀行口座に振り替えようとしても

ペイパルの貯金に返金が反映されていない。

いつまで待てばいいのだ??

銀行口座からは2重分引き落とされてるし(汗)

あとお金の問題でいえば、

ウェットがサイズ大きくて小さいの買おうと思って、

ROXY のウェットを買ったんだが、

もう欲しいサイズがどこのネットショップにもなく、

1つだけ残ってたのがイギリスのショップでそこで注文したんだが、

イギリスからドイツへはスムーズに配送されたものの、

ドイツ国内でぐっだぐだ、8日間くらい同じ集荷所で止まったままで。

もうこっからはドイツあるある。

ドイツに住んでるストレスNO1は宅配問題ではないかと。

在宅なのにインターホン鳴らさず不在票入れるとか

(再配達基本ないので、自分で集荷所に取りに行く)、

住所あってるのに、住所が見つからないって荷物持ち帰ったり。

で、肝心の荷物は先週の水曜日から隣町の集荷所にずーっとあって。

こうなったら、トラッキングも意味なし。

荷物が動かないわけだからさ。

画面には「配達中」って出てるけど、荷物は動いてない。

挙句、今朝は「残念ですが荷物をお届けにあがれませんでした。もう一度配達してみます。

いまくいくといいですね」みたいな表示になり、

クソが!!ってなったよね。

一度も配達なんてしてないよね。

うまくいったら、super!! って書かれてて、

いや、おまえが言うな、こっちに一度でもsuper って言わせてみろや、その仕事ぶりでよ、っていう。

この集荷所のコメント欄はクレームで炎上しており、

ドイツ人たちも宅配事情には大不満なんだなあ、って思った。

だいたいの文句も上記の家にいるのに届けない、とか、

いつになったら荷物くるねん、とか、

隣人に預けたって誰やねん、とか、

この一週間宅配トラック見かけてないけどどないなっとんねん、みたいな。

いや、ほんま、まじで。

せめてうちの街の集荷所まで来てくれよって思う。

とりあえずメールして、電話も何度もかけたが出ない。

今週中に来なかったら返送になりそう。

したらちゃんと金が戻ってくるのか??

イギリスの販売元には「この宅配業者は使わない方がいいです」ってメールしたけど。

たぶん、ドライバーが移民なんだよね。

ドイツ人ドライバーめったに見ないもん、

だから住所読めずに帰ったり、あきらめたりするんだろう。

まさか盗んではないと思うけど。

ウェット、200ユーロしたし、もう無いデザインなので来ないと困る!!

なんで夏にサーフショップで買わなかったのか・・・。

こういう小さいストレスがほんと多いわ。

まあ文句言う時はこう言おうって、ドイツ語を頭の中で整理して、勉強にはなるけど。

月末からクリスマスマーケットが始まるし、

これからはちょっと日々楽しくなる。

マヨルカ行くから散財はせずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.17 Friday | life in Germany | - | -
日本☆


9月29日〜10月14日まで帰国してた。

(写真はニフレル)

日本、楽しかった!2週間は短いっ。

ドイツに帰ってきたら日本滞在時は治まっていたストレス症状出るわ、風邪ひくわ、ほんまこの国嫌いなんやな(笑)と。

もう日本からこっち戻って来たら、発展途上国に来た気分。

あーーー、不便。氷のような冷たさ、人も空気もな。

日本では毎日予定ギチギチに詰めてたから忙しかったけども、食べたいものも食べたし、友達にも会えたし満足。

初めて厳島神社にも行った。


 

三連休は名古屋へ。

ドイツの友達と再会、家に泊めてもらった。

BBQしたりして楽しかった。

 

USJ 満喫☆


 

大阪で買い物♪

グランフロント内にCW-Xショップとアシックスショップがあるので、一度に両方行けて便利。

アシックスでは足をスキャンしてもらって、走り方の癖とかもみてもらって、シューズを選んだ。

結局レディースの26cm(笑)

ドイツ帰ってきてから早速CW-X履いて、

新しいシューズ履いて走ったら快適だったわ。

大丸もトミカショップとユニクロが隣同士なので便利。

今回の買い物は全て免税!!

免税手続きも楽♪某国の人らみたいにドラッグストアで爆買いしたわ。

いつもはオランダ航空だけど、帰国決めたのが間近で高くて

安いほうのエールフランスにした。

でもプレミアムエコノミーシートで快適だった☆

初シャルルドゴール乗り換えは、やはりめんどくさい。

バス移動長いし。

あとアムスの方がパリよりドイツに近いから、

フライト時間もオランダ航空の方が短いわけで、

次回からはやはりオランダ航空にしよう。

機内で見た映画は、

「ララランド」

「ダンサー(SOKO主演)」

「モアナ(EUではダイアナ)」2回見た。

「この世界の片隅に」

「ワンダーウーマン」最高かっ。

「SING」

どれもよかった。

あー、次は二年後かあ・・・。

今回体調不調で京都行きキャンセルに(泣)

東京も長いこと行ってないし。

’10年以降、日本の夏秋知らないから、

久々の秋はよかった。あったかいし。

もっとこの季節に長く帰れたらな。

今回は運よく台風こなかった(今きてる)。

 

2017.10.21 Saturday | trip | - | -
そこは「IT」でよくね??

ドイツでは「ES」で公開されるそうですよ・・・。

そこは「IT」でええやん。

公開が28日だそうで。

たぶん英語版は初日しかしないんだろうなーー。

行けるかなあ?ってのも、29日から日本に帰るので。

早朝の便だからなあ。

ちょっと言いたいのは、新ペニーワイズのピエロメイク。

どうしてあんなんにしたんだろう!!!

オリジナルのままでええやん!!

オリジナルは、このよくあるピエロちゃんの顔だから、

余計にそのギャップの怖さがあるわけで。


これだと、もう始めっから怖いやん。

始めっから悪の顔してるやん、そこがちゃうねん、

なんか意図とちゃうねん。なんでこう目に線を入れちゃったかなあ。


能面と一緒で、無表情、表情が読み取れないからこそ、

そこからの悪の表情が見えるのがいいんであって、

この目の線はそれを助け過ぎてしまってる。あかん。

あと別にピエロって怖くないよね??

日本人形の方が怖いわ。

まあ、見るけどさ。

日本帰った時にまだ「ワンダーウーマン」と「ダンケルク」やってたら見に行こうと思う!!

「ダンケルク」はIMAXで見ないと。

 

 

 

2017.09.18 Monday | cinema | - | -
久々ベルリン。

2年ぶりにベルリンに。3回目くらいか。

住んでる街からICEで2時間、往復早割で60ユーロくらい。

バーンカード50持ってたら半額だし、もっと頻繁に行きたい。

(冬には行きたくない。春〜夏がええね)

てかICEがもっと本気出して走ってくれたらええんやけどね、

時速169kmとかって遅すぎやろ・・・。300kmだそうや・・・。

午前中はベルリン中央駅から、地下鉄でブランデンブルク門へ。


 

この脇から出ている観光バスでバウハウスミュージアムへ。

(1日券を買うと、電車、バス、乗り放題)

バウハウスミュージアムは、そんなに大したことなく。

(グロピウス設計の靴工場内にあったミュージアムの方が充実していた)

ショップでポスター買ったので、その後筒を抱えて移動するハメに(笑)

観光バスでポツダム広場へ。

映画ミュージアムへ行く。

ミュージアムはソニーセンター内にある。


 

 

ミュージアムの道路挟んだ向かい側は、ベルリン映画祭の事務所。
ここあまり期待せずに行ったら、かなりの充実度で満足。



 

 

メトロポリス
とにかく情報量が凄いのと、展示デザインも凝ってて。

しかも客は私ひとりのみという・・・。シュールな展開。


ドイツ映画史をゼロから見れます。

マレーネ・デートリヒの展示範囲もデカい。

あとナチ時代のプロパガンダ映画とかね。

レニが撮ったオリンピアとかも流れていた。

とにかく全部聞いたり見たりしていたら時間かかる。

今度またじっくり1日かけて回りたいなって思う。


 


 

次はDDRミュージアムへ。

東ドイツ好きにはたまらん場所。すごい混んでた。


 





 

 

アレクサンダー広場まで歩き、電車で東駅へ。

かつての中央駅。

表側はベルリンの壁ミュージアムへ続く道で明るいけど、

自分は裏口から出てクラブパノラマバーへ。

ここら辺の空気はヤバかった。

昼間から路上に男らがたむろしていて、遊んでる子どもたちもスラムな雰囲気。

-

クラブバーグハイン/パノラマバー。

入り口で中に入れる人、入れない人、その場で判断される。


昼間だけど辺りの空気がヤバいんで(警察もいたけど)、とりあえず建物の周りをぐるぐる周ってみた。金曜夜から日曜朝くらいまでぶっ通しでやってるみたい。

中は撮影禁止らしい。とにかくバカでかい。

建物内全てがクラブ。

-

このクラブの近くにあるオステル。

東ドイツの内装で統一されている。




荒んだ地区を後に、シュプレー川を渡る。

渡る手前にあるベルリンの壁。


ラディアルシステム(煙突のある建物)。

ここもクラブだが、クラシックとかの催しもあるらしい。

新旧MIXな建物がクール。


クラブトレゾア。発電所を改造した巨大クラブ。


今度泊まりがけでベルリン来た際は、どっかのクラブで遊びたいと思う。

前回通った老舗ダンスクラブ。


 

-

ベルリンはとにかくずーーーっと工事してる。

廃墟も多くて、そこは見応えあり。

廃墟に勝手に住みついてるヒッピーたちのコミューン。

中で野菜とか育ててるっぽい。






 

 

ユニクロ

無印良品
ハッケシャーホーフへ。


 

素敵映画館
3年前来た時、このホーフの入り口は、こういう昔ながらの文字を一文字ずつ入れるタイプの映画館の看板があった。

 


 

それが変わってた。残念。(方向オンチだから違う入り口かもしれんが、でもロスマンの向かい側だった記憶があるんよなあ)


ベルリン大好き。住みたいなあ。

『パリ、ジュテーム』『NY、アイラブユー』『TOKYO!』があるんだから、ベルリン舞台のオムニバスがあってもいいよねえ。

-

-

-

-

 

 

2017.08.29 Tuesday | life in Germany | - | -
『ダンケルク』

大好きなノーランの新作ということで。

もう予告の時点から「おおおおーーー!!」ってなってましたよ。

で、本編も、もう予告の通り、始めから終りまでキリキリしっぱなしです。

日本上映はまだなのでネタばれはしないけど、素晴らしいです。

うちの小さい町ではIMAX なんてないんで、

普通の上映だったけど、できればIMAXシアターで見て頂きたい!

ノーランは前作もIMAX だったんかな?

昨今少ないもんね。これは70ではなく65ミリだそう。

上映数分後、スクリーン投影がピンボケしてて、

「え??3Dちゃうやんな?メガネいるん」ってなったけど、

誰かが言いに行って無事ピントが合い。

けしからん。

ノーランの作品って変に感情移入できないところが好き。

ただただ淡々としている。

劇的に感情を煽るような演出もないし、ただひたすらにその場で起こってる事を、陸・海・空で写している。

余計なセリフもなし。ドラマもなし。

ドイツ軍が迫りくる時の不気味な音響だけが、ひたすらに緊迫感を増幅させる。

疲弊した兵士たちの絶望感。

(でも誰も変にドラマティックに取り乱したりしないのがいい)

ドイツ軍の顔はいっさい出ないんだけど、その存在感、攻めてくる恐怖感がハンパない。

トム・ハーディーがカッコよい。

ワンダイレクションのハリーだっけ?は、まあ別に彼でなくともよかったんだろうけど。(監督は彼がアイドルグループの一員とは知らなかったらしい)

戦争映画史に名を残す名作になったと思う。

自分的に、映画という第七芸術の全てを盛り込めるのが、戦争映画とホラー映画じゃないかと思っていて。

『ダンケルク』は『プライベートライアン』みたいなネチネチしたエンタメ作品じゃないし、サクサクッとクールにあの時にあそこで起こった出来事を描いている。

悲しい気持ちも怒りも恐怖も言葉にはならない。

ただみんな逃げたい、そこから去りたい。それだけ。

そして、英国人には紅茶。

 

 

 

 

 

2017.08.29 Tuesday | cinema | - | -
<<back|<1234567>|next>>

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--