村上春樹は同じ井戸に降り続けているのか。

「騎士団長殺し」1巻はまだ面白かったのだけど、

2巻目から急に読むスピード落ちた。

つうかさ、もうさ、初めて読む人以外はさ、

この春樹節に飽き飽きしてるんじゃないかなあ。

1ページに一か所は「まるで」って言葉がある。

まるで自分が綴った言葉を「まるで○○のように」という比喩を用いることにより、さらに意味深けに見せかけるかのように。

しかしそこに意味はないし、

あまりにもしつこくて、げんなりし、果てはどうでもよくなってくる。

「まるで」の使用が、それが小説自体の価値を「損なって」いるようにすら感じる。

またこの主人公かよ。

受動的で、いつもいつも「そうしたくはなかった、でもそうするしかなかった」という流されるままの主人公。

妻に去られてばかりの主人公。

女に精液を吸い取られてばかりの主人公。

それも本人の意志ではない。

今回珍しくサンドイッチとビールばかりではなく、

握り飯と緑茶を飲んでいるシーンがあったけどね。

また不思議少女かよ。

「ダンス・ダンス・ダンス」「1Q84」に出てきたような霊感少女。

あけすけに自分の胸の大きさなんかについて大人の男に尋ねる少女。

さらさら髪のファッションおんちの不思議ちゃん。

今回の免色さんは何となく坂本龍一のイメージで読んだんだけど、

これもまた五反田君と主人公の友情に似ているし(その友情は「ロンググッドバイ」でもある)、

今回のこれって「グレートギャツビー」だよね?????

ここまで明らかにギャツビーのエピソードをなぞってええんかいね??

ギャツビーは元恋人の家を見守るために湾の向かいに家を買い、

免色は自分の娘かもしれない子を見守るために谷の向かいに家を買う。

主人公が目的の人物と近しいと知ると計画的に近付き、

しかし面会の場面を作られると急にクールだった佇まいを崩しおろおろする。

ギャツビーまんまやんけ。

そして暴かれる穴。

「ねじまき鳥」の時と同じような井戸の象徴。

リトルピープル大の騎士団長。

大切な人を救うための穴抜け。

説明のつかない受胎。

白いフォレスターの男は、「ねじまき鳥」の時の札幌のバーにいた男と同じ。

春樹は自分でも過去作品を読み返さないと言ってるし、覚えていないらしいけど、

結局それが原因で、何度も何度も同じようなことばっかり書いちゃうんじゃないの??

書く時は深いところに潜って書くというけど、

結局無意識に同じところばかり潜るから、同じものばかり掘り当てるんじゃないの?

ファンは何度も作品を読み返して、古い作品も今でも読んだりするから、

さも新しいことのように春樹が発掘したもの差し出されても(本人は過去出ししたこと記憶にない)、「や、もうそれ知ってるから」ってなるだけ。

同じ場所掘っても、埋ってるものは既出のものばかり。

それに気付いてほしいんだけど。

川上美映子との対談も読んでみるけどさ。

なんかもうここまで毎回同じパターンだとさ・・・。

でも本人からしたら、「書こう」と思ってるわけじゃなくて

自分でもなんで主人公や他の人物がこんなことするのか解からないってことになるんだろうけど(その感覚はわかる。作品中の人物が作者から離れて勝手に行動しだすのは)、結局ソースが同じだから、彼らも同じことしかしないんだろうね・・・。

やっぱり短編やエッセイの方が断然面白いよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.10 Wednesday | life | - | -
今更の「シン・ゴジラ」

DVDが出たので、日本から空輸で即鑑賞。

なにこれ。おもしろすぎ!

あー、日本で劇場で観たかったなぁ。

みんなが盛り上がってる時に、自分も一緒に盛り上がりたかったよ!

語りたかったよ!むう。

日本語聴き取り能力がいるので、ヘッドフォンして観た方が◎。

好きな箇所は、自衛隊にむちゃくちゃに顔面攻撃されるも、

ケロリ、尻尾ふりふりしてるゴジラ。

そんな様子を会議室でハラハラ見てるおじさん達。

新幹線と在来線の爆弾攻撃。

ゴジラの光線が頭上をビービー走ってるのに、

身を屈めることなく、直立で作戦実行する矢口一団。

素晴らしかったなあ。軽快な昭和的音楽もいいし。

「しっぽ!しっぽだ!」

「え?動くの?」

「やったか!」

「防災服用意して!」

「なんでまたこっちに来るんだ!」

「ゴジラより大変じゃないか」

「まずは君が落ち着け!」

などなど、名セリフも数えたらきりないね。

-

ゴジラのエラきもいよ・・・。

熱線ゲロ、光線ビービーは最高だった。

私が住んでた国分寺・辻堂は無事のようだけど、

通勤で歩いてた品川はめちゃくちゃ、

仕事帰りに飲んでた新橋も炎上、

会社があった五反田も火の海になっただろうね・・・。

フランクフルトのニッポンコネクションで日本語上映があるんだけど、平日だから観に行けない〜。

「日本のいちばん長い日」もやるんよね。

あれも会議映画だよね。

日本のおじさん大好き。

日本のおじさん達が頑張っているわけだよ。

-

-

-

-

 

 

2017.05.04 Thursday | cinema | - | -
ハノーファーマラソン2017

10km の部、無事に完走☆

前日にゼッケン取りに行って、トイレの場所とか確認。

子ども達が走っていたので応援したり。

当日は9時からフル、12時からハーフ、13時から10km。

自転車で会場に行くまでの道のりがフルのコースとかぶってたので、見学しつつ。

マグネシウム、アミノ酸、アリナミンA、チョコラBB飲んで(笑)、両足の脛と膝をキネシオテープでテーピング。

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

 

 

会場に着いた時はフルの人達がゴールしてきてて、

日本人男性の名前がアナウンスされてた。

10km はFunRunなので、みんなガヤガヤ、ゆる〜い雰囲気。

ものすごい太った方々も走ってたので、なんか励まされた。

初心者でエントリーしたので最終ブロックからのスタート。

最初の2km は前が詰まりまくってて進めず、キロ7分!遅いっ!

ひたすら間を縫って抜かして走る感じ。

音楽聴かずに走るの心配だったけど、

沿道の途切れない応援や、ところどころにいる楽隊(サンバとか鼓笛隊とか、色々種類あり)、チアリーダーの応援、DJなんかが音楽を流してて飽きず。

しかも身体がかるーい!!全然疲れず。

ひょいひょい走れた。

ラスト3km くらいで、ヤバい、このままじゃ1時間きれない!と思ってスピードあげたけど、結局キロ6分21秒、1時間3分だったね・・・。

でも大会のマジックなのか、本当に楽しく走れたし、

昨日の身体の軽さじゃこのままハーフも走れそう!な錯覚。

調べたら、素人がフル走るのに週3で1年あれば充分らしいから、

今から1年走ればもしかしたらフルだって可能かも??

まずはシンスプリントをちゃんと治さなやが。

次は30日の街での大会10km。

家からすぐの場所なんで気も楽。

ウェア。

こっちの女性陣はタイツ一丁で走ってるので、

ショートパンツ重ね履きとか、こんな風にワンピで隠してる人なんて皆無だった。(自分も練習時はタイツ一丁で走ってるけど)

アシックス多め。タビオのソックスがなかったら無理。

 

 

 

 

 

 

2017.04.10 Monday | life in Germany | - | -
自己肯定行程。
初めてスマホから投稿。
なして今までそうしなかったかね。
_
頑張って走って筋トレしている。
腹と背中がどうにもこうにも醜い。
二の腕はあんなにパドルしてるのに、痩せないね??
インスタとかで、よくエクササイズだけのアカウントがあるんやけど、
そこに載ってるのはだいたいがトレーニング中の写真や動画か、
かんなり太ってる状態から、ここまで痩せました、って写真ふたつ並べてるやつ。
たぶんアメリカ人が多いんだろうけど、始めの太り方がハンパないので、
その変化も目に見えて凄まじく、
すごいな、よう痩せたな、よう頑張ったな!と思う。
もちろんみんな嬉しいから痩せた姿でビキニ着て自撮り。
そりゃ見せたくなるわな、そのために頑張ったようなもんや。
_
もうひとつよくあるのが、セルフラブのアカウント。
いわゆる「あなたはあなたのままで美しい」てやつ。
こういうのに載せてる人たちは、太った身体でわざとビキニを着て、お腹の段を見せて、
「大丈夫!ありのままの自分で!」的なことを書いている。
見るからに、うっわ〜な体型の人が下着姿をポストすると、
「ゴージャス☆」「ビューティフル☆」などのコメントが。ポジティブなことしか書かない。
さらに、上記の頑張ってダイエットした人達が、自分たちの姿の写真をUP している件について、
「気にしないで」「あれは写真のトリックでもある」とかって、お腹を膨らませたり凹ませたりして写真を撮り、自己暗示。
ああいう写真を見て自己嫌悪になったり、自分を責めないで、と。
今はオーバーサイズモデルも多々いて(顔は美しい)、
セルライトを恥じない!と言っている。
(基本、向こうの人って恥じないよね?ブリトニーもガガもアギレラも、激太りしても露出過多な衣装を着てるし。すごいメンタル)
_
しかし、そこに載っている彼女たち(推定体重80〜100kg 超え)は、明らかに痩せなければ健康に害が及ぶでしょ。
世間からの、痩せろ、スリムでなければならない、という女性への圧力、先入観は跳ね返し、太っているという思い込みはやめよう、と言うが、
彼女たちは太っている。
痩せなきゃダメ、危険。
_
このセルフラブは、なんか違うと思う。
ハリウッドスター達を見て、劣等感を抱く、って、
いや、みんな並々ならぬ努力をしてるやん。
食事制限してジムに通って、その体型をキープするのが、どんなに大変か。
それをせずに太ってる私ラブでジャンクフード食べてたらダメでしょ?
一度は努力して痩せたら、もっと自分ラブになると思うけど。
フェミニズム絡みでもあるからだけど、
脇を剃らない!とかさ、
ええけど、美しさて大事やん。
美しさって、自然が美しい、絵画が美しい、ガラス工芸が美しい、のと同じやん、
醜い汚いは嫌やん、
そしたら、必然と自分のどの状態が美しいのか探求するやん。
それを盲目的にシャットアウトしてセルフラブはあかん。
_
反対に日本人はガリガリ過ぎて気持ち悪い。
日本人女性の痩せなきゃ願望は、
それはそれで病的だから、
このセルフラブ運動はぜひ日本人女性の間で広まってほしいなぁ。
体重50kg で太ってるだのなんだの嘆いている女子はかわいそう。
そんなん普通やん。もっと他のこと考え。

自分もドイツでは太ってるとは言われないが(明らかに周りがデカすぎるから)、
日本の基準からしたら相当オーバーウェイトだし、
自分でもずーーっと、理想体型に近づこうとしている。理想体型は野呂玲花(プロサーファー)やね。彼女は健康体そのもの。
(旦那は今のままでいいと言うけど、旦那は太ってる女性を見慣れすぎて麻痺している)。
「太っていない」と言われるのもまた問題なんよな。
_
しかし、義母は明らかに体重100ぐらいありそうなんやが、
家族の誰も彼女に太っている、ちょっと落としたら?とは言わない。
ツッコんだ方がいいと思うんやが....。
10代〜20代前半まではめちゃ細くてスタイルいいのに、
急激に20代後半から太って老けていく彼女たちの不思議よ。
ただ腰の位置が異様に高いから、太っても足は長いけどね。
_
日曜、マラソン大会で走ってくる。
自分は、ただのデブではあらない。
動けるデブである。
月末の大会のエントリー表見てたら、日の丸は見事に自分一人だけやった。
日曜のはたぶん日本人一人ではあらない。
誰かしらいそう。
(騎士団長のあらない、自分の中で流行っている。
少し前までは性の悦びおじさんの許さんぞ!がきてたけど、彼は本当に亡くなったんだろうか。そしてこれは無事に投稿できるんだろうか)
_
_
_
_
2017.04.07 Friday | life | - | -
実写版:Gohst in the Shell 攻殻機動隊、観た☆

30日に一足先に鑑賞。

ってのも、これまた、この日しか英語版上映がなく。

スカヨハの声と喋り方好きだから、オリジナルで。

(日本だとアニメ声優の方がそのまま吹替えらしいね。いいな)

ドイツで初めて3D観たわ。

率直に言えば、期待していなかった分、

とても良かったので満足。

押井守へのリスペクトもあるし、

なんちゅーか、もう実写版やる時点でファンからの反感があるのはわかってるから、怒らせないようにしようってちゃんと解かって作ってるというか(笑)

丁寧に出来てるし、ビジュアルも最高。

まあちょっと少佐が感情的すぎるけど。

まんまアニメやん、ってシーンもあり。

まあOPの曲はアニメと一緒にして欲しかったけどね。

したらもっとゾクゾクしたと思う。

(アニメの曲はEDで流れる)

スカヨハも良かった。

なんで白人が演じるのってよく言われてるけど

日本人で演じれる人、逆にいないと思う。

それにアニメも元々外国よりなキャラデザインやし、

実体ないんやから、別に外国人でもええやん、

あんなナイスバディな日本人女優、おらん、みんなガッリガリやねんからさ。

たけしは日本語しか喋らず、

桃井かおりは英語でもあの喋り方でした・・・。

つか、桃井かおりの住居はいかにも貧困層が住んでるって感じなんやが、照明はどれもルイス・ポールセンやし、やかんは柳宋理(たぶん)やし、急須はArzberg かどっかの見覚えのあるやつ〜〜(笑)

ハリウッドが繰り返す、変な日本語表記とか、

ミックスアジア感とかはもう御愛嬌。

どこまでいってもこれは治らんねーー。

自分は好きだったね。

もう一回観に行ってもいいくらい。

「エイリアン」と「ダンケルク」楽しみやなー。

日本では「銀魂」「無限の住人」「鋼の錬金術師」が実写化だそうですが・・・。

勇者ヨシヒコのスタッフなら、ちょい期待できるか・・・。

2017.04.03 Monday | cinema | - | -
<<back|<1234567>|next>>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--