秋バカンス。

自分は日本帰ったり、この前はフィンランド行ったりしたけど、

旦那がどこにも行ってない、サーフィンしたいと言いだし。

10月に2週間半休みあるから、どっかサーフトリップ行くべと。

そうなったら、サーフトリップガイド出して、

各国の波チェック、ポイントチェック。

まずは前回行ったフランス、ラカノー辺り。

(義両親は今年も1ヶ月半滞在してた、来年は我々も行くこと決定)

車で行けるからボードも運べる。

自分はこれがいいなー、と。

夏ならキャンプだけど、10月だしシーズンオフの安いアパート借りればいいんじゃ?ご飯も美味しいし☆カヌレ食べれるし☆

ポルトガル。

ポルトガルは、ちょっと波デカすぎよね・・・。

冬がベストシーズンだし。

ナザレの波ばっか見てるからかもしれんが、乗れる気がしねー。

リスボンはちょっと奥まった所にあるから、

比較的状態のいい波が入ってきてオフショア、整ったコンディションらしい。

リスボンならアクセスもいいし、いいかも??

リスボンの街観光も出来るし。

モロッコはカサブランカより北に良い感じのポイントがいくつか。

街もそれぞれ魅力的。

まさに異国!って感じ。しかも安い。

しかし2人で旅するならいいけど、子ども2人連れてはなあー。

今ちょっとイスラム圏旅行する気にならん。

フェズ旧市街とかめちゃ見て回りたいけど、

子どもと自分の身の安全気を配りながらじゃ楽しめないよな・・・。

モロッコは次回1人で旅したい!!

調べれば調べるほど行きたい!

カナリア諸島。

いくつか島がある中のランサローテ島。

10月から波乗りシーズンで、なかなかのエキスパートオンリーな感じ。

自分ブランクあるし、まずはサンドブレイクで勘を取り戻す練習しないと、リーフの速いブレイクは怖い。

ランサローテにはメインのポイントがサンドだし、

そこにサーフショップがたくさんあるらしいので、

ボード持っていけなくても、そこで調達できるかも。

(つくづくロングだと不便よなーって思うわ、こういう時)

そして、カナリア諸島はドイツ人にとってのハワイ!!

なのでドイツ人がうじゃうじゃ。これは良いね。

もうドイツ語わかるし、居心地よさそう。

ここも旦那の家族はすでに行ったことがある。

日本人の10人に1人はハワイ行ったことある的な確率。

もちろんツアーや情報も豊富だし、現地に住んでるドイツ人のショップや宿もあるし(日本人がやってる宿もあった)、たぶん今回はここに決定か??

10月でもそこまで寒くないだろうし。

3mm今持ってないから買わなくちゃだけど。

そういう出費がいろいろ重なるのよね・・・。

ボード買ったら次持って帰らなくちゃだしね・・・。

Seea でサーフレギンス買おうか迷って、水着だけ買った。

サーフレギンスやワンピ水着でサーフィンするのが流行ってて嬉しいわ。

これから詳しく調べて最終決定だけど

波チェックしてるだけで楽しい!!実現なるか???

 

 

 

2016.09.09 Friday | trip | - | -
深井国の前にひれ伏す〜哀しみのベラドンナ〜


 

虫プロ制作の『哀しみのベラドンナ』鑑賞。

ドイツはDVD安いから良いのう。

(日本は色々特典付けて値段上げすぎ)

4Kのやつで観たよ。色鮮やか。

当方、これ見ずに今まで生きてきたこと恥じる。

きっと、中高生あたりで見ていたら、

その先の人生は変わっていたと思うし、

今の生活とは全く違う方向へいってたと思う。

不思議なのは、この映画のことも、

深井国のことも全く知らないのに、

自分がそれっぽい絵をずっと描き続けてきたことだ。

確かに自分はクリムトが好きだし、

ベラドンナに出てくる人物はシーレやクリムトが描く人物に似てもいるけど。

これ、どのくらいの漫画家やイラストレーターが影響受けたのかなあー。

70年代にこれやられてたら、自分ならもう夢諦めるわ・・・・・・。ここに全てが詰まっている。

話の内容はフランスの文学がもとらしいけど、

とにかく救いのない話。

どんなけ悲惨なん。どんなけダメ男なん。

やはり貧乏で教養が無いと、身体を売るしかないのですかね。

そこはやっぱ教育が必要よね。

小姓が可愛かったなあー。

とにかく絵の細かさ、色彩の美しさ、

何枚これ描いてるん!!?ってくらいの仕事の多さ、

この時代特有のおふざけ、エロ、耽美、最高です。

悪魔役の仲代達矢がまた良い。

長山藍子、中山千夏やし。

ドイツでも上映されたらしいよ・・・。

『シン・ゴジラ』、ドイツでも上映するかなあー?

日本語で上映せな意味ないよぁー。

会議映画なんでしょ??

そんなんドイツ語で略されて吹替えされてもなあー。

やってみた。

宇野亜喜良も好きよね。


 

 

 

 

 

2016.09.08 Thursday | cinema | - | -
マニュアル運転。

ついに我が家にも車がきた。

中古車だけどね。しかもマツダ。

なんでドイツでマツダ乗らなアカンねん。

まあ、義母の友人がマツダで働いているので、

なにかあったらそこに持っていけばいいので助かるが。

んで、あんなにゆうたのにマニュアルなのよね。

この時代にマニュアル車なんて必要ない、絶対。

時代は自動運転なのですよ???

まじでマニュアルにこだわる脳みそがわからん。

で、ドイツの運転免許証よく見たら、

書き換えた時に勝手にオートマ解除になってた!!

ラッキーだね。オートマ限定のまま書き換えられる人もいるみたいだが、自分はすりぬけたみたい。

日本の免許とドイツの免許って一回しか書き換えれないらしく、日本でオートマ解除してそれまたドイツのに換えてってはもう出来ないみたい。

ドイツでオートマ解除も簡単で、教習所(教習所っていうか、路上運転ね。教習所はない。教習所は個人経営で、経営者が隣に乗りこんで運転見るのみ)で練習して、テスト受けておしまい(筆記試験なし。テストは試験官が同乗して見る)なんだけど、その必要もないようだ。

ちなみにドイツの運転免許は更新なしの永久ってよく言われてるけど、法が変わったので今は15年毎に更新。

自分は法が変わった後にドイツの免許証をもらったので、更新あり。

今永久の免許証持ってる人も2033年くらいに更新しなきゃいけないみたいよ。

その方がいいよな。めちゃめちゃ年よりも運転してるし。

第一、めちゃ若い頃の写真のままの免許証じゃ、誰が誰かわからんやん・・・。

帰国時に、教習所の教則本を持って帰ってきたから、

そのマニュアル運転のページを読んでなんとなーーく理解。

でもさ、これ読んでも実際は左ハンドル、右通行なわけで、

それに合わせて考えないといけないんよね。

どう考えても自分には出来そうにもないわ。

まずはADAC(日本のJAF的な)の運転練習場にてお試し運転してみるかね。

そこで練習してから路上だな。

ドイツの工場めぐりするにはやっぱ車いるし、頑張って運転しよ。

つーか、オートマに早く乗り換えよ。

‐ 

2016.08.13 Saturday | life in Germany | - | -
我々はどこからきたのか、我々は何者か、我々はどこへいくのか。

これ、うちが住んでる街の北なのね。

ついに、我が街もひとごとではなくなった。

昨日の夜、警官隊がモスクに突入。

そこでは異教徒(つまりイスラム教徒以外)の人々全てを敵に、みたいな事を扇動していたそうな。

すでにシリアに渡ってイスラム国参加しちゃった人もいるみたい。

死者や怪我人は出なかったみたいだが、ショックだわ。

街の北側は特に移民が多いからな・・・。

これで警備が強まって、街もピリッとするのはいいが。

それまでは「こんな小さな平和な街は大丈夫だろう」的な雰囲気があったから。

でもさ、悪の根を摘み取るのは不可能。

人の心の中までには、国は介入できない。

そういう思想持ってるからって、逮捕は出来ないだろう。

監視はしていたみたいだけど。

「異教徒全てを攻撃」それが彼らの道義なら、何を訴えても通じない。

それにさ、そういうの言うなら、もう自国でやってよね、って思うわ。

そもそもさ、仮に異教徒ぜーーーーんぶ抹殺したとするやん?

したらその世界でさ、誰が新しいものを生産するん??

生活に必要なもの生産して流通させるん??修理するん?

教育を受けてこなかった彼らになにができるん?

今よりいい世界創造できるん??無理やん。

結局西欧諸国の技術の恩恵、金の恩恵を受けておきながら、

甘いとこだけもらって(移民も金くれくれ状態)、牙を剥く。

ふざけるな、やし。嫌なら一銭ももらうな、国に帰れ。

そんなに西欧に馴染まないなら、

母国帰って自分のテリトリーの中で、

自分の宗教の中で暮らせよって思う。

全てのイスラム教徒がそうではなく、過激派と同じにされて迷惑、西欧で生きにくくなると感じてる人もいるだろう。

そういう人達が、なんでもっと声高に反発しないのかな?

「我々は違う、イスラムはこうではない、お前たちは間違っている、我々は抵抗する」と。

自分達が頑張って移民してきて築き上げた土台を守るために、

世話になってる西欧諸国に恩返しするために、

偏見と差別、誤解をクリアにするために、

もうちょっと同じ宗教の人が立ちあがってもいいと思うんだけど。

今だと西欧諸国対イスラムになっちゃってるから。

女性が強い国は平和な国がする。

女性の立場が上な方が。

 

 

 

2016.07.29 Friday | life in Germany | - | -
ヘルシンキ まとめ

4日目、最終日。

トラムの2日券は48時間有効。

2日目の朝から使い始めたので、最終日の朝まで使える。朝食食べて(毎朝サバみたいなの食べた。マリメッコの食堂でも子持ちししゃもみたいなん食べた)、駅まで行ってロッカーにトランクなどを預ける。

駅前の美術館。


劇場。劇場までは前日ロシア観光のイベントやってた。


 

エスプラナーディ通りを散歩。




 

そこから歩いてテンペリアウキオ教会へ。

朝一の誰も静かな時間を狙ったのだが、すでに某国のツアーが来ていた・・・orz

自撮り棒で撮ったり、ポーズ撮ったり、椅子の間こどもが走ったり。

一応各国の言葉で「静かにする所です」的な貼り紙あったけど。

そういうの考慮しなさそう。

そもそもトラムとか地下鉄とかも改札ないし、全てが自分で考えて常識的に行動することが求められている。かといって、日本みたいに「こうして下さい」とかの貼り紙もない。

個人にゆだねられてる。そこを汲まないとね・・・。

街はキレイだった。犬の糞もない!!



 

岩盤をくりぬいて作られた教会。

 

 

 

 

 

 

 


バンハ教会。


 

 

電車で空港へ。

空港は自動改札的なのがあり、そこにスマホの搭乗券かざすのみ!!

そして空港内の物価の高さ。そもそも空港内のものって高いけど、パサパサのサンドイッチ一個10ユーロとかさ。

1ポンド240円のイギリス旅した時くらい、高かったわ。

まあアドレナリン出過ぎて空腹感じなかったけど。

オランダの空港、いつもBターミナルばっか使用してて、今回初D!

こんな癒し空間あったんや笑。


 


 

まあヘルシンキだけなら3日あれば充分かも。

今度はオーロラも見たいし、もっとフリマに行きたい。

物欲も旅欲も満たされ、大満足の旅だった。

 

 

 

 

2016.07.12 Tuesday | trip | - | -
<<back|<123456789>|next>>

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--