ヘルシンキ まとめ

4日目、最終日。

トラムの2日券は48時間有効。

2日目の朝から使い始めたので、最終日の朝まで使える。朝食食べて(毎朝サバみたいなの食べた。マリメッコの食堂でも子持ちししゃもみたいなん食べた)、駅まで行ってロッカーにトランクなどを預ける。

駅前の美術館。


劇場。劇場までは前日ロシア観光のイベントやってた。


 

エスプラナーディ通りを散歩。




 

そこから歩いてテンペリアウキオ教会へ。

朝一の誰も静かな時間を狙ったのだが、すでに某国のツアーが来ていた・・・orz

自撮り棒で撮ったり、ポーズ撮ったり、椅子の間こどもが走ったり。

一応各国の言葉で「静かにする所です」的な貼り紙あったけど。

そういうの考慮しなさそう。

そもそもトラムとか地下鉄とかも改札ないし、全てが自分で考えて常識的に行動することが求められている。かといって、日本みたいに「こうして下さい」とかの貼り紙もない。

個人にゆだねられてる。そこを汲まないとね・・・。

街はキレイだった。犬の糞もない!!



 

岩盤をくりぬいて作られた教会。

 

 

 

 

 

 

 


バンハ教会。


 

 

電車で空港へ。

空港は自動改札的なのがあり、そこにスマホの搭乗券かざすのみ!!

そして空港内の物価の高さ。そもそも空港内のものって高いけど、パサパサのサンドイッチ一個10ユーロとかさ。

1ポンド240円のイギリス旅した時くらい、高かったわ。

まあアドレナリン出過ぎて空腹感じなかったけど。

オランダの空港、いつもBターミナルばっか使用してて、今回初D!

こんな癒し空間あったんや笑。


 


 

まあヘルシンキだけなら3日あれば充分かも。

今度はオーロラも見たいし、もっとフリマに行きたい。

物欲も旅欲も満たされ、大満足の旅だった。

 

 

 

 

2016.07.12 Tuesday | trip | - | -
ヘルシンキ まとめ


ホテルからすぐの所にマーケット広場があり、そこも毎日マーケットをやっている。

普通に青果を売る屋台や、お土産物屋さんとか、食べ物屋とか。


そこからすぐのオールドマーケットホールは、屋内型屋台。



お肉屋さんや魚屋さん、はちみつやらジャムやら色々売っている。

さくっと見てヒエタラハティへ。

アラビアやロールストランドのヴィンテージ買えた。

ドイツのフリマでは北欧もの無いもんな。

リンゴ柄の布1€で買えたのには驚きだった。


 

あとみんな計算弱くて、間違えたりして得した。

(普通にお店でレジあるのに、小銭出すと嫌がられる。

で小銭返される。こっちはお釣りをスムーズに返せるように、小銭を出してるわけだから。でもその意図わかってない。

で、お釣り返す時に逆に「ええーと・・・」って細かいの数えてるし・・・。計算はレジがしてくれるんだからさ・・・。一回は20¢きれいに返ってくるように払ったら、レジの人???なってて返してきて、結局お釣り返す時に「細かいのある?」って聞いてきて。だっからさ!!!始めからそうしてんやん。

ムーミンショップでもレジの人が???なってて、隣の子が説明してた。その時に「smart peopleなのよ」って聞こえた。日本人、これからも小銭を払い続けるのじゃーー)

 

中央駅に戻り郵便局に行ってお土産のムーミン切手とか買う。

そっからトラムでセカンドハンドショップへ。開店時間までちょっとあったので、そこらへんブラブラしてリサイクルショップ見つけたので入ったら、そこでもアラビア食器格安でゲット。しかも表示価格より値引きしてくれた。

目的の店へ。ここは天国。




 

店主はブラジル人?

日本人だとふっかけてきたけど、そこは「や、その値段は違う」と交渉。

負けちゃダメ。

良い人だったけどね。
 

トラムに乗り、他の店へ。ここでもかなりアラビアあった。


 

デザインミュージアムへ。



この台座に乗ってる作品はフロア内をルンバみたいに動き回ってる。人が近づくとちゃんと止まる。かわいかったなー。左下の鳥が好き。

 

欲しい。
その後、大量の食器を置きにホテルへ戻る。

新聞紙やぷちぷちも持ってきたので梱包。

それから市庁舎へ。

ここの最上階でやってた展示。


 


世界中から寄せられた破局にまつまわるエピソードと、思い出にまつわる品が展示してある。

展示は英語で、フィンランド人はフィンランド語の本を片手に見ていた。

すっごく面白くて、短いエピソードの中に2人の物語を想像してしまう。

中には3ヶ月で別れた人、40年連れ添った人。

死別のものもあるから、時にぐっときたり。

全部ゆっくり読みたかったけど、集中力が続かず。

階下はフィンランドの昔の暮らしなんかを紹介、展示してあった。
ホテルの朝食でもよく食べたパン。美味しい。

カリランピーリャッカという。


 

日本でも作ってる人がいる。

てか日本人の食に対する好奇心すごいよな。

ドイツ人なんか食べてもそれ作って売ろうとか考えなさそう・・・。

ってか、ミュージアム前で黒パンサンド食べてるドイツ人達居て、いや、そんなんいつでも食べれるやん・・・なんでここに来てまで、って思ったよね。

フィンランドの人みんな流暢に英語を話すから、ストレスなかった。

テレビもアメリカやイギリスのテレビ番組をそのまま流していて、フィンランド字幕だった。きっとフィンランド放送自体にオリジナルの番組があまりないからだろうけど、いいことだ。

その中で「アメリカンピッカー」とかいう番組があって、

アンティークショップの店員2人がアメリカ中を廻ってお宝探しをするというもの。

アメリカらしーいアンティークの看板とかネオンサインとか、はたかまオイル缶や車の部品まで。

プロの店に行って値段交渉したり、おじいさんの納屋を覗いてそっから発掘したり。

とにかく面白かった。しかも2人の知識が凄すぎるし、集めてる人も集めてる人で、なんでそんな物・・・て物まで納屋にあって、でも本人的にも価値あるもので、2人にもお宝で。

で、最終的に買った値段と価値的な値段を差し引きして、いくら儲けたか、みたいな。ここらへん、自分がフリマで食器をハントするのに似てるから面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.07.12 Tuesday | trip | - | -
ヘルシンキ まとめ

2日目。

ヒエタラハティのフリマ(なんと毎日やってる)に行く予定が、午前中は雨だったので変更してアラビア工場へ。

(本来ならヒエタラハティからトラム6番でアラビア工場へ行けるので、そのプランだった)

工場は残念ながら去年閉鎖され、工場内の見学も出来なくなってしまった。

でもアウトレットがあるのでね。


 

本来はこういうのが見れたんだろうな。
made in フィンランドは貴重に。

ムーミンマグもアジア製が多くなってきたとか。

ムーミン、キャラ化されたのはあまり好きじゃないので(原画の白黒の暗いのが好き)、セール品だけお土産に買う。ここで買って良かった。市内や空港のムーミンショップでは定価で売ってたので。

トラムでソルなんちゃらという駅まで戻り、地下鉄に乗り換え、マリメッコアウトレットへ。

ヌルメスニエミデザインの車体と車内。ポップなのねん♡。


倉庫のようなアウトレット外観。でも中は楽園。


 



メローニの水筒欲しかったな。でも買わず。


通常の店頭にはもう置いていない生地なんかがわっさーあるよ。

もうテンションMAX!!!

各国の妻たちが夫をまたせて興奮状態で買い物していた。

食器はパーリナもコンポッティも無かったので何も買わず、

でも服は半額だったので三着買った。日本人には大きいサイズしかなかったけど、自分38なんで、良かったわ笑♡

でもね、自分の場合タックスリターンが無いので(泣)

店内日本人だらけだったけど、まだ皆さん静かなので◎。

ここにはまだ某国の方々が来ないようだ・・・。

このアウトレット横に社員食堂があり、一緒に食べれる。

自分で好きなマリメッコの食器選んで食べれるよ。

いっぱい盛った方が得だが、こういう時胃が小さいと損するよなー。


 

買い物欲を満たして市内に戻る。

地下鉄から出る時に「あ、これってドラゴンタトゥーの女』でPC奪われて奪い返すとこのエスカレーターじゃね?」と思って写真撮ったけど、考えたらあれスウェーデンよね・・・。


かもめ食堂。中は日本人だらけ。



男でこの映画が好きな人っておるんかな・・・。

映画の中で小林聡美と片桐はいりがガッチャマンの歌を歌うアアルト設計のアカデミア書店とカフェ。



マリメッコのカフェ。


 

カウニステや古着屋、雑貨屋でだらだら買い物しながら歩いて、またモスクワへ。隣のビリヤードバ―、コロナもカウリスマキプロデュース。壁にはペッロンパー。


ドブロブニク。このサインは「浮き雲」のやつよね。


 

夜はサッカーの試合があるので早々にホテルへ。

ロビーでもみんな見てた。

ドイツ負けちゃったけどね・・・。


2016.07.11 Monday | trip | - | -
ヘルシンキ まとめ

1日目。

KLMでアムステルダム経由でヘルシンキへ。

ドイツとの時差は一時間。

ターミナルBに着いてCに移動するだけ。楽ちん。

毎回オランダの空港で滑走路からターミナルへ向かう時(またはターミナルから滑走路へ向かう時)に、高速道路を渡るのよね。

それが不思議な光景で、今回やっと写真撮れた。


陸橋に柵もなにもないから、走ってる車の上を普通に飛行機が通り過ぎて行く。

これ走ってる車側から見たら、頭上を飛行機がゆっくり走ってるわけで、大迫力な眺めかと。

ヘルシンキに到着。

マリメッコ仕様の飛行機。


空港から電車で中央駅へ。だいたい30分くらい。

切符は車内で買える。切符は市内交通80分以内有効なので、

そのままトラム使ってホテルまで移動できる♪

 

駅構内。

市内には縦横無尽にトラムが走っており、高低差もあるし、

ぎゅんぎゅんカーブを曲がるので、電車好きにはたまりません。

ハノーファーは平野部で高低差ないし、トラムもそんな曲がったりしないっす。

たまらん。


 

ホテル脇に倉庫を利用した映画館が☆


ホテルは港にあり、エストニアに向かうフェリーなどが見える。


 

汽笛が聞こえるし、窓から港眺めてるだけで気持ち良い。

ホテルまでは中央駅からトラム4番で一本。

この4番線は一番の繁華街エスプラナーディ通りを突っ切り、一番の観光名所ヘルシンキ大聖堂の前を通るので、街に着いてホテルに向かう間にだいたいの物は車窓から見れるww。

ホテルもキレイだったし、使いやすかった。

荷物置いて観光。この時点ですでに夜8時だけど、明るいので余裕。

写真ではどんより暗く見えるけど、実際はもっと明るい。

ウスペンスキー寺院。ホテルからすぐ。


ヘルシンキ大聖堂。


 


 


 

正直、建造物に関してはドイツで日常的に古い建造物を見慣れ過ぎてるので、特に驚くことも感慨も無し・・・。

そしてカウリスマキ兄弟プロデュースのカフェ・モスクワへ。

この雰囲気。まさに映画だわ。


 

自分はビールを飲みました。


ひとりでボーッとしたかったのだが、日本人の先客が3人おり、その人らの隣の席しか空いておらず、なんだか聴きたくもない会話をずっと聞かなければならくて苦痛。(言いたい放題w)

このカフェを選んだと思われる男の「俺、知ってる」感がうざかったww。

なので、仕切り直しに翌日も再び行ったよね。

あとはブラブラしてホテルへ帰る。

ホッパーの絵に出てきそうな建物。


 

 

2016.07.11 Monday | trip | - | -
フィンランド4日間。

主要観光名所と、行きたい所は全て行けた!!!

死亡的に地図読めず、方向音痴で何回も迷ったり、

違う方面のトラムに乗ったりしたけど、

その度に予定してなかった物を見れたりして楽しかった。

歩いて歩いて、トラム乗りまくった。

カウリスマキのバー、アアルト設計の書店とカフェ、

マリメッコのアウトレット&社員食堂&カフェ、

アラビア工場、フリマ、セカンドハンドショップ、

教会類、市場類、ムーミンショップ、デパート類、

フィンランドデザインミュージアム、全て満喫。

可愛すぎて、素敵すぎて、窒息死そうだったわ。

もうちょい近くて直行便あれば、ちょいちょい行くのにな。

旅の詳細はまた後ほど。

 

2016.07.10 Sunday | trip | - | -
<<back|<123456789>|next>>

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--